dimtec


HOME次世代無線システム「DimBee様々な無線規格DimBeeの開発へ>2.4GHz帯について

次世代型無線調光システム「DimBee®

様々な無線方式

WiFi

Bluetooth

ZigBee

Sub-GHz(920MHz)

Wi-Fi

“有線との比較”利点 配線のレイアウトが簡単である。 端末を移動しても配線をやり直す必要がない。欠点 電波や赤外線などが傍受されることにより、通信内容が知られる可能性がある。 設定が難しい。 輻輳に弱い。 環境によって通信速度が遅くなったり、通信が遮断したりする。

Bluetooth

概要 ごく短距離の通信を目的とし、これまであった、短くて邪魔なケーブルを無くすことを主たる目的としてつくられBluetoothの基本的なコンセプトとして、消費電力、低価格、高速、などがある。またロイヤルフリーである。ロイヤルフリーだが、Bluetoothのロゴ認証はかなり高額である。 IEEEでは、IEEE802.15のうちIEEE802.15.1として規格化された。通信の暗号化とFHSSメカニズムから、セキュリティ面でも有利。    

ZigBee 

概要
物理層等についてはIEEE802.15.4として規格化された。
利論層上については、ZigBee Allianceが仕様策定を行っている。

伝送距離
最大100m程度

※ZigBeeとは、低コスト、低消費電力でワイヤレスセンサーネットワーク構築に適した無線通信規格です。
BluetoothやUWBといった無線PAN(Personal Area Network)に属しています。
なお、ZigBeeはZigBee Alianceの商標であり、ZigBee Allianceが
認定した製品のみがZigBeeを名乗れる。したがって、単にIEEE802.15.4に
準拠しただけでは、ZigBeeではない。

サブギガについて 

920MHz帯の無線
2012年7月25日から2.4GHz帯に加えて新たに920MHz帯がISMバンドとして割り当てられ日本国内で使用できるようになりました。 ISMバンドとはIndustrial, Scientific and Medical Bandの略で主に産業、科学、医療向け用途に割り当てられた周波数帯域で免許不要で使用することが出来ます。

2.4GHz vs 920MHzへ続く

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ!

TEL:045-226-3766(代)
電話受付:9:00~18:00(平日のみ)