dimtec

HOME調光方式の問題と対策


調光方式の問題と対策

これまでの調光システム

電圧制御

アナログ  →  アナログ

(位相式調光器)                     (白熱電球)

位相式調光器は白熱球のエネルギー削減のために
開発されたこれまで主流の調光器

無線調光システム,DimBee

電圧制御

アナログ  →  デジタル

(位相式調光器)                   (LED)

位相式調光器でLEDを調光すると
ストレスにより問題が発生

◎不点灯、フリッカーやノイズが発生

◎制御幅が狭く、調光が困難

◎LEDの寿命が短くなる...etc.

無線調光システム,DimBeeは、LED電球の安定と調光機器などの設備が不要

しかし、PWMやDALIの調光システムは調光設備も高価で費用負担は大きく、
導入は難しいとお考えのお客様も多いのではないでしょうか?

配線工事と調光機器などが不要で工事費の大幅削減できます。
&
工事日程の短縮・簡素化ができます。
さらに
これからの商業施設に必要なラグジュアリーな空間・時間
の演出に欠かせない安定した調光ができます。


アナログ調光からデジタル調光へ

ご検討のシステムを下記よりお選びください。